2006年05月21日

マイ ブームU...!!

ESTのホームページへ

以前ここで書いたマイブームの2つめ「日本茶」について書こうと思います。

今まで何気なく飲んでいたお茶…特に“玉露”なんて苦いお茶と思ってました。ところがある日飲んだ“玉露”のおいしいこと…!!!
その日からはまっちゃいました.....ハートたち(複数ハート)
写真をクリックしてくださいネッ!
茶器.JPG
My茶器を使っておいしくいれてます。

休日の午後3時ごろに飲むお茶は、たまらなくおいいしい。。喫茶店
shop1_p3.jpg

私の好きな『日本茶三兄弟』‥exclamation
日本茶.JPG
左から極上玉露100g 1,890円ちょっと高い、よそいきのお茶です。
真ん中が普段飲む玉露100g 1,575円普段飲むにはやや高い。
右が煎茶100g 1,890円やや渋めのお茶、やはり高い。
まだまだ高いお茶はたくさんあるのですが、私にとってはとても高級ということです。

塾の先生だからここで少しお茶の勉強です…exclamation×2

■お茶の種類■
[緑茶]熱を加えて酵素の働きを止め、茶葉は鮮やかな緑色のままで、不発酵タイプのお茶の総称をいいます。

[煎茶]もっとも人気の高いお茶で、太陽の光をふんだんに浴びて元気よく育った茶葉を蒸した後、もんで乾燥させます。涼しい香りに、さっぱりとした味わいが特長です。八十八夜のころに新芽を摘み取って作られた新茶は初夏の風物詩となっています。
sencha_illust3.jpg

[玉露]摘み取りの2〜3週間ほど前に、おおいをかけて直射日光をさえぎり育てた葉を、蒸してからもみ乾燥させたものをいいます。うま味成分のアミノ酸、テアニンを多く含み、甘いのりのような香りと濃厚なうまみが特長です。日本茶のなかでも最上級の緑茶です。

[抹茶]玉露と同じように摘み取りの2〜3週間ほど前に、おおいをかけて直射日光をさえぎって育てます。蒸した茶葉をもまずに乾燥させ、石うすでひいて仕上げます。 maccha_illust2.jpg

[番茶]一般的には、硬化した葉や古葉などを含んだ、お茶を総称して言います。また、地域によって呼びかたはさまざまで、ほうじ茶やプーアール茶のような発酵させた茶葉のことを指す場合もあります。

[ほうじ茶]茶葉を高温で炒って香りを出したお茶です。タンニンやカフェインが少なく、あっさりとした味となります。

[麦茶]炒った麦特有の香ばしさがあり、汗をよくかく夏場の水分補給にたっぷりと飲みたいお茶です。

[ウーロン茶]摘み取り後すぐ蒸さず、しおれるのを待って作るお茶。緑茶との違いは、しおれさせるときに葉内でカテキンが酸化するため生まれるものです。
その他、[てん茶][かぶせ茶][かりがね][粉茶]などがあります。
saijiki_p2.jpg

■お茶の成分■
[テアニン]お茶の甘みの成分で、アミノ酸の一種です。お湯に溶けやすい性質があります。とくに玉露にたくさん含まれています。

[カテキン]最近体によいと注目されているのがカテキンです。渋みのもととなるタンニンの成分です。とくに緑茶には良質のカテキンが含まれています。

[カフェイン]苦みのもととなるのがカフェインで、低温のお湯には溶けにくい性質があります。

■お茶の歴史■
[栄西禅師]鎌倉時代、中国から茶の種を持ち帰り、茶葉の栽培を奨励し、お茶の習慣を日本に広めた人物です。「喫茶養生記」を著し、お茶の徳をたたえ、喫茶の習慣を奨励し、茶祖と呼ばれています。
poto_kixtusayoujyouki.jpg

[千利休]安土桃山時代、禅の精神を茶の湯に反映させ、茶道の形式を完成させた人物です。茶聖と呼ばれています。

[明恵上人]栄西禅師より贈られた茶の種を栂尾に植え、お茶の栽培を始めました。

■玉露の入れ方■
玉露はほんの少しの量で甘みやコクを楽しむので、小振りの急須と湯呑を用意します。甘みを引き出すために、ぬるめのお湯(50〜60度)でいれます。

gyokuro_illust1.jpg
@湯冷ましにポットのお湯を注ぎ、冷まします。急須もあらかじめ温めておきます。湯冷ましを持ったときに、熱くなく気持ちよい(人肌)と感じるくらいの温度が目安です。

gyokuro_illust2.jpg
A温めた急須に茶葉を3人分で茶さじ2杯程度入れ、冷ましたお湯を茶葉がひたる程度注ぎます。茶葉がひらくまで2〜3分置きます。

gyokuro_illust3.jpg
B量と濃さが均一になるように少しずつ湯呑に注ぎ分けます。

※テアニンは特殊なアミノ酸で、紅茶や中国茶に比べ、日本茶に豊富に含まれています。 お茶の木の根で生成されるテアニンは茎や葉へ移動し、日光をあびるとカテキンに変化します。おおいをして日光が当たらないように栽培することで、その変化が抑えられ、テアニンをたっぷり含んだ玉露ができあがるのです。

さぁそろそろ3時なので…
3時@.JPG
「いただきま〜ス!!!」…………『ウマイ exclamation×2

あっそれからマイブームの1つめの任天堂DSなんですが、あれ以後『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』、さらに『テトリス』…これは私の大の得意分野で、通信対戦で世界をまたにかけて戦いました。ちょっと自信があったんですが、世の中には強い人がたくさんいますねぇ〜??
B.JPG
この結果どうです…!?!?
181戦108勝…exclamation&question

スーパーマリオ』がでますね…ゲーム またはまりそう!!!! わーい(嬉しい顔)
マリオ.jpg




posted by tsue at 16:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2006年05月05日

ウソのような本当の話...!!

ESTのホームページへ

以前このブログの『人のネットワーク』中で、
「中にはお寺さん(住職)になった生徒も…!モバQ 
彼との間には、壮大なドラマがあります。
必ずのこのブログの中で公開しますネ!
感動で涙するかも……(笑)」って書きましたが、

今日はこれについて書こうと思います!!

〔ウソのような本当の話T〕
ESTが正式に募集を開始したのが、昨年の2月1日、
なんとその日の夜に私の父親が亡くなりました。iモード

周りの人はせっかくの門出にケチがついたように言う人がほとんどでしたが、私自身は全くそのようには感じませんでした。

なぜなら…?
実は私の父親は、6年間寝たきりで、その間「在宅介護」でめんどうを見てきました。
だから
『もうめんどうは見なくてイイよ!後は自分のやりたいように、やりなさい!』って、言ってくれていると私は感じていました。

新聞紙上で、よく介護疲れによる殺人や、逆の介護疲れによる自殺などがよくのるようになりました。

介護のしんどさは身にしみて分かっているつもりです。
6年前、病院の看護師さんから
「施設に入れた方がいいですよ!在宅介護で大丈夫ですか…??」と
ひつこいぐらい言われた意味が、介護してはじめて分かりました。

運が良かったのは、私の母親と姉、私の妻と私と4人でローテーションを組め、それに週2回のホームヘルパーさんの援助、週1回のお医者さんと看護師さんの訪問でなんとか続けられたのが要因1つです。

1人では絶対無理だったと思います。

それと最後の3年間は、点滴ののみで生きていたので、それも介護の負担を軽減してくれた要因の1つだと思っています。(食事を取らないのは大きな負担の軽減になる)

食事も水(水でも誤いん性肺炎になる)も何も食べずに3年間も生きられる…‥??

世界1の長寿国…納得!!

これってホントに幸せなのか…????

もし私自身の場合だったら、それに「安楽死」がゆるされるのなら、間違いなくそちらの方を選びます。

この6年間で間違いなく、そこらの病院の看護師さんより「吸引(たんを吸い取る)」が私の方がうまいと自慢できます(笑)!!!

〔ウソのような本当の話U〕
亡くなってから葬式の準備が始まりました。
父親は末っ子なのでこちらにはお寺さんがありません。そこでお葬式屋さんに紹介してもらいました。

住職が挨拶に来られて、名刺をもらったときに、大変珍しい名前だったのピンときました。

もしや私の教え子地下鉄君(村上ファンドではありません)のお父さんではないか…と、予想通りその通りでした。

ここで『こんな巡り会いってあるんだ〜!!!』と思ったのです。

さらに葬式当日、住職が挨拶にこられ、
「うちの息子が、世話になった“つえチャン”のお父さんが亡くなられたのだから、僕も一緒におがましてもらう。ってついて来ました」と言われたのです。

よく考えてみると、父親が亡くなった時、私たち4人は涙一つ出なかった。不謹慎だが逆に笑いの方がよく出ていた。わーい(嬉しい顔)
なぜかというと、私たちは自分たちの出来る最大限の事をやってあげたという自負があった。

その証拠に‘おやじは仏様のような満足そうなきれいな死に顔だった’。

それなのに、住職の話を聞くとそちらの方が嬉しくて、涙が出そうになってしまった。もうやだ〜(悲しい顔)

葬式が始まって、住職と地下鉄君が入ってこられた。
またビックリ! 

なんと地下鉄君、“茶髪の坊主”だ。
宗教界のヨン様のような姿、また笑ってしまった。わーい(嬉しい顔)

それが彼
  右斜め下
?V??.JPG

さらに出棺、地下鉄君は火葬場には行かず、そこでお別れのようだ。
そしたら『つえチャン〜!!』バイバイと手を振って、
そこでも大爆笑!!!!わーい(嬉しい顔)

本当に憎めない奴!

彼とはこれから一生の付き合いが始まる。

『オレの葬式はヨロシクね!!!!』

以上すべて本当の話、世間は広いようで狭い話でした。

地下鉄君は今
DSC00057.JPG 左斜め上ここで、頑張っています。



posted by tsue at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記